簿記の資格を取る学校

簿記の資格取得の学校は

簿記の資格を学べる学校

簿記の資格を取得するための専門学校はたくさんあります。専門学校以外でも、就職支援施設などで、週1回で講習などを行っているところも沢山あります。一番メジャーな資格ということもあり、たくさん学ぶところはあります。3級程度であれば、週1回の講義で、2か月くらい通学すれば、テキストの全範囲は網羅できると思いますので、あとは、何度も過去問を解いて、たくさんの問題をこなすことが試験合格の秘訣となるでしょう。簿記検定どくとくの言葉の言い回しなどもありますので、それに慣れておくことも、試験合格の秘策といえるでしょう。

簿記検定の出題傾向と配点

簿記検定には、日商と全商の2種類ありますが、日商の試験の出題傾向はある程度決まっています。第一問目には、仕訳問題が出ます。配点は20点です。第二問目には、帳簿に関する問題が出されます。配点は10点です。第三問目には、試算表の作成問題が出ます。配点は30点です。第四問目には、伝票、訂正仕訳、勘定記入、決算仕訳などが出題されます。配点は10点です。第五問目には、精算表や財務諸表の作成問題が出ます。配点は30点です。簿記資格は、比較的受験しやすい資格で、毎回この配点で出題されますので、対策が取りやすいでしょう。絶対評価で70点以上が合格ラインと言われています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 簿記の資格を取得する All rights reserved