簿記の資格の難易度

簿記の資格の難しさは

簿記資格の難易度について

簿記技能を評価する資格として日本商工会議所が実施する「日商簿記検定」があります。この検定は4級から1級までありますが、初学者が検定を受ける場合は3級からはじめることがほとんどなので、4級を受験する人は稀です。3級の取得者は基本的な知識を、2級は商業高校を卒業した程度の知識を有しているとみなされます。いずれも経理を行う上で必要な技能を身につけているかどうかを評価するものなので、難易度はそれほど高くありません。ただし、1級については2・3級に比べて難易度は格段に上がり、取得者は経営管理や経営分析ができるなど、大学卒業程度の知識を有しているとみなされます。そのため、税理士や公認会計士などの資格試験を受ける際の登竜門的な試験となっています。

簿記検定は3級からスタート

簿記検定は、経理や会計を目指す人は取っておいて損はない資格です。3級レベルでは、おもに、個人事業主の商品売買を主体とする商店の会計処理が可能になります。簿記初心者の方は、まずは3級からスタートすることをおすすめします。数字の計算ではありますが、帳簿の数字が合うように、パズルを組み合わせていくような作業になりますので、几帳面な人や、細かい作業が好きな方には向いている資格といえるでしょう。また、そうでなくても、お金の流れについて興味がある方には、とても役に立つ知識になるでしょう。独学でも十分習得できる内容です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 簿記の資格を取得する All rights reserved