独学で簿記の資格を

独学でできる簿記の資格勉強法

独学でも取れる資格に簿記がある

経理系の事務を目指すのであれば、簿記検定資格は取得しておいたほうがよいでしょう。2級まで取得していれば就職にも優位になります。現代社会においては、会計ソフトが沢山あるので、実際紙ベースで帳簿をつけている企業は少ないかもしれませんが、簿記を学ぶことで、会社の会計の仕組みが分かります。書店に行くと沢山参考書がありますので、独学で資格を取得することも、可能です。毎日勘定科目を復習して、仕訳をし、帳簿の記入方法を勉強すれば検定も通るでしょう。最終的に損益計算書と貸借対照表の見方がわかるようになれば、理解できたといえるでしょう。

簿記の学習は国家資格にも役立つ

簿記は学生や社会人問わず人気となっている検定試験となっており、毎年多くの人が受験をしています。履歴書に記載してPR材料にすることもできますし、もちろん仕事の方で活用することもできるでしょう。そしてもう1つ、より難易度の高い国家資格の学習にも大いに役立つのです。例えば、税理士や会計士などを目指すつもりなのであれば、簿記の学習は欠かすことができないのです。また、一部の科目が免除されるなどの特典も受けられるのです。そのため、早い段階で対策をしておくことによって、将来的に国家資格を目指すことになった時に、それを活かすことができるわけです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 簿記の資格を取得する All rights reserved